フコイダン販売のFRCフコイダン健康館

会員のご登録は今すぐここから。登録無料!

お名前 ※
フリガナ
E-Mail ※
TEL ※
郵便番号 ※
都道府県 ※
住所 ※
性別 ※

年齢 ※

会員の方はFRCフコイダン会員特価でお求めになれます。

ご購入はこちらから!(フコイダン商品一覧)→

FRCフコイダンの三大特性

FRCフコイダンの硫酸基結合量は15%以上。FRCフコイダンは、必要とされる硫酸基結合量をしっかり保っています。FRCフコイダンは低分子フコイダン。FRCフコイダンは、吸収されやすい低分子フコイダンです。FRCフコイダンにはフコキサンチンがたっぷり。FRCフコイダンは、フコイダンだけではありません。詳しくは下記ご参照ください。

フコイダンとは

もずくフコイダンとは、コンブやワカメ、モズクなど、渇藻類(かっそうるい)と呼ばれる海藻の表面を覆っている、あのヌルヌルした成分の一種です。

そのヌメリ成分は、激しい潮の流れや砂などで海藻の体が傷ついたときには細菌の進入を防いだり、あるいは、潮が引いて海面から体が露出してしまったときなどには乾燥から体を守ったりする働きがあります。フコイダンは海藻にとって命を守るとても大切な成分なのです。

このフコイダンの構造を化学的に見てみると、フコース、ガラクトース、キシロース、グルクロン酸、アルギン酸など 10 種以上の多くの糖で構成されています。それに硫酸基が結合して、それらがたくさんつながってできているのがフコイダンです。

このように多くの糖と硫酸基でできていることから、フコイダンは、硫酸化多糖類に分類されています。多糖類と言えば、健康食品に使われるアガリクス茸も多糖類として知られていますが、同じ多糖類でも、アガリクスになくて、フコイダンにあるのが硫酸基です。

 

硫酸基とその結合量とは

 

硫酸基硫酸基とは、フコイダンのヌメリを作り出すもとです。コンブなどの表面がヌルヌルしているのは、硫酸基があるからです。あまりなじみのない言葉ですが、実は私たちの胃粘膜を覆っている成分にも硫酸基が含まれていて、胃粘膜の保護に役立っています。

フコイダンが十分な働きをするためには、この硫酸基と糖のつながりが重要になってきます。なぜなら、硫酸基と糖は結合していないと、フコイダンとしての機能が落ちてしまうからです。

したがって、コンブなどの海藻からフコイダンを抽出するときは、硫酸基が糖からできるだけ離れないよう、結合量を減らさないように取り出さなければなりません。しかし、加工する過程で、どうしても硫酸基と糖は離れてしまいます。

これを防ぐことは困難ですが、ある基準以上の結合量が保たれていれば、フコイダンの機能は失われずにすむことがわかっています。その基準は13%以上。それ以下の結合量では、フコイダンとしの働きを十分になしません。

FRCフコイダンの硫酸基結合量は、15%以上。

低分子?高分子?フコイダンの分子量とは

結合量も重要ですが、フコイダンを摂るうえでさらに需要なのが、分子量です。分子量とは、文字通りフコイダンを構成する分子の量のことで、現在製品化されているフコイダンは、低分子高分子に大別されます。簡単に言ってしまえば、小さなフコイダンと大きなフコイダンです。

どちらが良いか?皆様がフコイダン商品を選ぶ時に、もっとも頭を悩ますのがこの分子量ではないでしょうか。どちらが良いかはフコイダン研究者の間でも意見の分かれるところで、フコイダンにおける低分子・高分子論争はなかなか終結しそうにありません。ただ、高分子のままで良いなら、低分子化したフコイダンを開発する必要はなかったように思います。

低分子・高分子フコイダンはもともと高分子の多糖類で、先にも述べたように、たくさんの糖と硫酸基が複雑に絡み合ってできている大きな分子です。生のコンブやモズクが持っているフコイダンの分子量は、約20万から100万以上もあります。

これに対し、私たちが腸管から取り込むことのできる分子量は、5000以下です。そのため、いくら海藻を大量に食べても、大きな分子でできているあらゆる海藻のフコイダンが腸管から取り込まれる量はごくわずか。

しかも私たち人間は、コンブやモズクなどの海藻を分解するための消化酵素を持っていません。したがって、フコイダンのほとんどは体内に吸収されずに排泄されてしまいます。

この問題を解決するために考え出されたのが低分子化、つまりフコイダンを小さくする方法です。フコイダンの分子量を減らし小さく加工することで、腸管や舌下からも無駄なく吸収できるようにしたのです。

よって、高分子フコイダン製品がいくらフコイダンの含有量が多いと謳っていても、せっかく摂ったフコイダンの大部分を捨ててしまうことになるのではないでしょうか。

FRCフコイダンは低分子フコイダン

フコキサンチンとは

近年のフコイダン研究において、フコイダンが持つ様々な体への作用は「フコキサンチン」という成分が多くを占めている事がわかってきました。このフコキサンチンとは、褐藻類にほんの微量含まれている天然色素成分の事です。

植物に含まれているβカロテンや、トマトのリコピン等も同じ赤褐色色素成分の仲間になります。 フコキサンチンは、褐藻類1sからわずか0.01g程度、しかも低分子成分なので、高分子のフコイダン商品から摂取する事は限りなく難しいと言えます。

従来の低分子フコイダン商品にも含まれていた成分ですが、フコイダンよりも重要な成分として、より多く取り入れる事が必要であると考えます。

従来と最新の見解

但し、フコキサンチン配合のフコイダン商品が全て良いという事も言えません。抽出された「フコキサンチン成分」と「海藻」の相性もあります。

相性の悪い海藻のフコイダン商品では、フコキサンチンの本来の力が失われてしまいます。よって、有効な「フコキサンチン配合のフコイダン商品」は限られる事になります。

FRCフコイダンはフコキサンチンとの相性抜群!!

「FRCフコイダン」は、皆様の健康を第一に考え、安全で良質な健康食品にこだわるフコイダン健康館が、自信をもってお届けするフコイダンです。

会員のご登録は今すぐここから。

会員特別割引価格(税込・送料無料)

フコイダン健康館の会員の方には常に会員特価でFRCフコイダンをご提供いたします。

(液体900ml)定価25,920円→24,000円(カプセル)定価64,800円→60,000円

>>会員登録フォームはこちら

 

フコイダン商品一覧(税込・送料無料)

 

FRCフコイダン(加糖)900ml

スーパーフコイダン 900ml(加糖タイプ)(化粧箱入り)
すっきり飲みやすい液体タイプのフコイダンです。贈り物などにも。

販売価格:
会員様25,920円24,000円(税込)
一般のお客様25,920円(税込)

FRCフコイダン カプセルタイプ

スーパーフコイダン 錠剤タイプ旅行や職場への携帯にも便利なカプセルタイプのフコイダンです。

120粒入り

販売価格:
会員様64,800円60,000円(税込)
一般のお客様64,800円(税込)

 

商品購入

都道府県

※建物名までお書きください。
お届け先が別の場合

※郵便番号、建物名までお書きください。
商品選択
商品選択
お支払い方法選択

【例:11月12日14時頃】

 

定期購入について

FRCフコイダンを定期的にお求めいただく場合は、まとめて購入特別割引価格にてご提供いたします。(カード決済不可)ただし、もしも途中でご購入を中止される場合は、誠に申し訳ありませんが、差額分をお支払いいただきますのでご了承下さい。

定期購入のお申し込みはコチラから

 

このページのトップへ